海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.06.30
20年1~6月のベトナムGDP成長率は1.8%増、コロナ禍でもプラス成長維持

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年上半期(1~6月)のGDP成長率は、前年同期比1.81%増となった。前年同期の6.76%増からは大きく減速したものの、新型コロナウイルスの流行で世界的に不況に陥る中、ベトナムはウイルスの流行が早期に終息し、経済活動の再開も早かったことからプラス成長は維持した。

部門別に見ると、農林水産業が1.19%増、工業・建設業が2.98%増、サービス業が0.57%増となった。中でも、工業が2.71%増、商業が4.3%増、金融・保険が6.78%増と全体をけん引した。

GSOは、「新型コロナウイルスの流行や米中の貿易摩擦といった国内外の環境は厳しく、経済全体が打撃を受けた」とコメント。ただ、政府が経済より感染拡大の防止と国民の安全確保を優先したことで、いち早くウイルスを封じ込めることに成功し、結果的に厳しい環境の中でもプラス成長を維持することができたのは、「感染症に対する国と経済全体の勝利だ」と誇った。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.10 NEW
ベトナムの20年GDP成長率見通しを3%に上方修正、英金融大手HSBC

英金融大手HSBCはこのほど、2020年におけるベトナムのGDP成長率見通しを、従来のプラス1.6%から同3%に上方修正した。一方、今年の経済の落ち込みが当初の想定よりも小さくなると見込む分、2021年のGDP成長率見通しについては、従来のプラス9.1%から同8.5%に引...[記事全文]

2020.07.08 NEW
イオンがハノイにベトナム7号店を出店へ、海外初のオフィス複合型商業施設

イオンモールは7日、ベトナムの首都ハノイ市に同国7号店となる「イオンモール・ホアンマイ」を出店することを発表した。ホアンマイ店は、同社にとって海外初の「オフィス複合型商業施設」となる予定で、2022年下半期(7~12月)の開業を目指す。 建設予定地であるホア...[記事全文]

2020.07.08 NEW
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年06月30日