海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.09.08
タイ不動産市場、コロナ禍でも中級タウンハウスの需要は安定

タイの不動産開発大手サンシリ傘下で不動産総合サービスを提供するプラス・プロパティーはこのほど、販売価格300万~500万バーツ(約1,014万~1,690万円)程度の中級タウンハウス(低層集合住宅)の需要が、コロナ禍でも安定的に推移しているとの調査結果を公表した。

背景には、新型コロナウイルスの流行でコンドミニアムの人気が相対的に低下していることや、地価の上昇で一戸建て住宅の価格が上昇していることがある。

プラス・プロパティーによると、過去5年間においてタウンハウスの売約率は40~45%で推移してきたものの、新型コロナの流行により足元では39%まで低下している。ただ、300万~500万バーツの価格帯のタウンハウスは、売約率45%を維持。また、予約販売の減少率もタウンハウス市場全体の18%減に対し、300万~500万バーツの物件は11%減にとどまるなど、コロナ禍の影響は軽微となっている。

一方、中小企業の経営者などが主な顧客層となっている500万バーツ超の高級タウンハウスは、新型コロナウイルス流行の影響がより強く表れているとした。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.17 NEW
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65%を超えたことを明らかにした。 ...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.14
住友林業、バンコク北郊で一戸建てプロジェクトを分譲開始へ

日本の大手ハウスメーカーである住友林業は今月19日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁で、バンコク北郊パトゥムタニ県にて進めている一戸建て住宅分譲プロジェクト「レイクフォレスト」の第1フェーズの分譲を開始する。レイクフォレストは、住友林業にとってタ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年09月08日