海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.28
20年8月の米ケースシラー住宅価格指数は5.2%上昇、2年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが27日に発表した2020年8月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(20都市圏)は、前年同月比5.2%上昇の229.35となり、2018年8月以降で最大の伸び率となった。

歴史的な低水準にある住宅ローン金利が住宅需要を後押ししているほか、新型コロナウイルスの流行に伴う在宅勤務の普及で、郊外のより広い住宅の需要が高まっている一方で、新規供給が不足しており、需給のひっ迫が米住宅価格の上昇に繋がっている。

地域別では、フェニックスが9.9%上昇の215.04と最大の伸びを示したほか、シアトルが8.5%上昇の277.03、サンディエゴも7.6%上昇の283.06と堅調だった。

同指数は、全米主要都市の一戸建て住宅の価格動向を示したもので、米国全土のほか、10都市圏、20都市圏のデータがそれぞれ公表される。10都市圏はボストン、シカゴ、デンバー、ラスベガス、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、ワシントンD.C.で構成。20大都市圏はそこに、アトランタ、シャーロット、クリーブランド、ダラス、デトロイト、ミネアポリス、フェニックス、ポートランド、シアトル、タンパが加わる。

なお、米連邦住宅金融庁(FHFA)が同日発表した2020年8月の全米住宅価格指数(季節調整済)も前月比1.5%上昇し、1991年の統計開始以来、最大の伸び率を記録。全9地域で値上がりしており、特に東海岸北部と中部が1.8%上昇、テキサス州を含む中南西部が1.9%上昇と堅調だった。

S&P/ケース・シラー20都市圏住宅価格指数のグラフ

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.21 NEW
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月28日