海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.30
20年Q3の米GDPは33.1%増で過去最大の伸び、個人消費が急回復

米商務省によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比33.1%増となり、過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウンの影響で、前期は31.4%減と過去最大の落ち込みとなったものの、経済活動の再開と3兆ドル規模の財政出動によって急速な回復を示した。

ただ、新型コロナが流行する前の2019年第4四半期(10~12月)と比べると、実質GDPは依然として3.5%低い水準にあり、コロナ危機の影響を完全に回復するまでには至っていない。

項目別に見ると、GDPの7割を占める個人消費が前期比年率で40.7%増となり、前期(33.2%減)から急回復。自動車や衣料品などの売り上げが好調だった。政府が大人1人に最大1,200ドルの現金給付を行ったほか、失業給付も大幅に積み増したことで、家計部門にGDPの5%超に相当する臨時収入が入ったことが個人消費を大きく押し上げた。ただ、個人消費を前年同期比で見ると2.9%減にとどまっており、中でも飲食などサービス消費は7%減と回復が遅れている。

その他、過去最低水準にある住宅ローン金利や、在宅勤務の普及で郊外のより広い住宅への需要が高まったことなどを追い風に住宅投資も59.3%増(前期35.6%減)と、1983年以来の大幅な増加を示した。

なお、足元では急速な回復を見せている米経済ではあるものの、支援策に充てる政府支援金が枯渇する中、今後は回復ペースが大きく鈍化する見通しで、エコノミストからはコロナ前の水準を完全に回復するには、1年以上かかるとの予測も聞かれている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.03.31
21年1月の米ケースシラー住宅価格指数は11.1%増、15年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが30日に発表した2021年1月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比11.1%上昇の242.98となり、2006年2月以来の高い伸びを記録した。 歴史的な低...[記事全文]

2021.03.30
21年Q1のベトナムGDP成長率は4.48%増、順調な回復続く

ベトナム統計総局(GSO)によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率は前年同期比4.48%増となり、新型コロナウイルスの流行が本格化する前にあった前年同期の3.68%増から伸びが加速した。 ベトナムは政府の迅速な対応によって新型コロナウイル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月30日