海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.18
シンガポール新築民間住宅販売、20年12月は前年比で倍増

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2020年12月における新築民間住宅の販売戸数は前年同月比2倍の1,217戸となった。12月としては2012年以来、8年ぶりの高水準となる。

例年、旅行シーズンとなる12月は住宅販売は低調であるものの、2020年は新型コロナウイルスの影響で渡航が制限され国内にとどまる人が多かったことから、ショールームを訪れる人が多かったという。

成約数が最も多かったプロジェクトは、西部クレメンティのコンドミニアム「クレイボン」(全640戸)で、12月に発売された500戸のうち473戸が成約。販売価格の中央値は、1平方フィート(約0.0929㎡)当たり1,637Sドル(約12万7,300円)だった。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.21 NEW
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月18日