海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.19
21年1月の米住宅着工件数は5ヵ月ぶり減少も、許可件数は急増

米商務省が18日に発表した2021年1月の住宅着工件数(季節調整済)は、年率換算で前月比6%減の158万戸となった。木材価格の値上がりなどが抑制要因となり、5ヵ月ぶりに減少した。

ただ、先行指標となる1月の住宅着工許可件数は、年率換算で前月比10.4%増の188万1,000戸と、2006年5月以来の高水準を記録しており、歴史的な低水準にある住宅ローン金利や住宅在庫の少なさを背景に、米住宅市場の堅調さが継続していることがうかがえる結果となっている。

住宅着工件数の詳細を見ると、コロナ禍において需要のけん引役となっている一戸建て住宅の着工件数が、前月比12.2%減の116万2,000戸となり、9ヵ月ぶりに減少。一方、集合住宅の着工件数は前月比17.1%増の41万8,000戸だった。

2015年1月~2021年1月の米住宅着工件数

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.03.05 NEW
フィリピンの超富裕層人口、2020~25年にかけて36%増加の見通し

英不動産サービス大手ナイト・フランクがこのほど公表した「ザ・ウェルス・レポート」の中で、フィリピンの超富裕層人口(投資可能資産額3,000万ドル以上)が、2020~2025年の5年間で35%増加し、658人になるとの予測を示した。また、富裕層人口(同100万ドル以上)...[記事全文]

2021.03.04
タイ不動産SCアセットが国内初のICO実施へ、自社不動産を裏付け

タイ証券取引所(SET)に上場する不動産開発会社SCアセットが、仮想通貨の新規発行による資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」を計画していることがこのほど明らかとなった。 報道によると、SCアセットは自社が開発した不動産を裏付けとする資産...[記事全文]

2021.02.24
21年のベトナムGDP成長率を7%と予測、国際機関AMRO

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓3ヵ国の経済状況をモニタリングする国際機関「ASEAN+3マクロ経済調査事務局(AMRO)」は19日、2021年におけるベトナムのGDP成長率が7%になるとの予測を示した。 AMROは、世界経済の回復に伴い輸出の拡...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月19日