海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.18
ハノイの賃貸オフィス市場、21年も好調維持の見通し

英系総合不動産サービス大手サヴィルズ・ベトナムはこのほど、ハノイ市の賃貸オフィス市場について、新型コロナウイルスの収束による景気回復や外国人観光客の増加などを背景に、2021年も好調を維持するとの見通しを示した。

同社によると、ベトナムでの事業拡大に積極的な顧客が増加しており、特に日本と韓国の投資家や企業によるグレードA(最上級)のオフィスへの関心が高まっているという。

なお、2020年下半期(7~12月)の賃貸オフィス市場の成長率は、コロナ禍で働き方が変化する中ではあったものの、ソフトウェア企業や生命保険会社、電子商取引(EC)企業などからの需要拡大を背景に、グレードAが4%増、グレードBが6%増、グレードCが3%増といずれも堅調だった。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.03.04
タイ不動産SCアセットが国内初のICO実施へ、自社不動産を裏付け

タイ証券取引所(SET)に上場する不動産開発会社SCアセットが、仮想通貨の新規発行による資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」を計画していることがこのほど明らかとなった。 報道によると、SCアセットは自社が開発した不動産を裏付けとする資産...[記事全文]

2021.02.24
21年のベトナムGDP成長率を7%と予測、国際機関AMRO

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓3ヵ国の経済状況をモニタリングする国際機関「ASEAN+3マクロ経済調査事務局(AMRO)」は19日、2021年におけるベトナムのGDP成長率が7%になるとの予測を示した。 AMROは、世界経済の回復に伴い輸出の拡...[記事全文]

2021.02.24
米ホテル大手ウィンダムがカンボジア初進出、シアヌークビル州に

米ホテル運営大手ウィンダム・ホテルズ&リゾーツはこのほど、カンボジア南部シアヌークビル州に高級ホテル「ハワード・ジョンソン・プラザ・バイ・ウィンダム・ブルーベイ・シアヌークビル」を開業した。ウィンダムにとって、カンボジアで初のホテル展開となる。 同ホテル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月18日