海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.15
20年のイギリスGDP成長率は9.9%減、史上最大の落ち込み

英統計局によると、2020年のGDP成長率は前年比9.9%減となり、統計が開始された1949年以降で最大の下落幅を記録した。新型コロナウイルスの流行に伴いロックダウン措置が導入され、経済活動が大きく制限されたことが影響した。

特に大きな落ち込みとなったのは旅行関連の業種で、航空業は前年比74%減、旅行代理店業は73.9%減、ホテル業は64.1%減となった。また、営業が原則禁止となった飲食店への影響も大きく、パブは52.3%減、レストランは44.9%減だった。

その他、音楽や舞台芸術などクリエイティブアート部門も47.6%減と大きく落ち込んだ。

イギリス不動産についての最新情報

イギリス不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.03.31
21年1月の米ケースシラー住宅価格指数は11.1%増、15年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが30日に発表した2021年1月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比11.1%上昇の242.98となり、2006年2月以来の高い伸びを記録した。 歴史的な低...[記事全文]

2021.03.30
21年Q1のベトナムGDP成長率は4.48%増、順調な回復続く

ベトナム統計総局(GSO)によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率は前年同期比4.48%増となり、新型コロナウイルスの流行が本格化する前にあった前年同期の3.68%増から伸びが加速した。 ベトナムは政府の迅速な対応によって新型コロナウイル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月15日