海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.12
20年のマレーシアGDP成長率は5.6%減、22年ぶりの落ち込み幅

マレーシア中央銀行が11日に発表した2020年の実質GDP成長率(速報値)は、前年比5.6%減となった。昨年3月中旬以降、新型コロナウイルスの流行によって活動制限令が発布され、国民の外出や企業活動が大きく制限されたことで、サービス業を中心に経済活動が停滞。アジア通貨危機下の1998年(7.4%減)に次ぐ落ち込み幅となった。

詳細を見ると、GDPの6割を占める個人消費が前年比4.3%減となったほか、民間投資も同11.9%減と大幅に減少した。

マレーシア中銀のノル・シャムシアー総裁は会見で、「世界的な需要の増加と国内の経済活動の正常化に伴って、21年に成長率は回復する」と説明。ただ、2021年のGDP成長率に関する最新の見通しについては、精査中だとして公表を見送った。

なお、マレーシア中銀は2020年11月時点では、2021年のGDP成長率が6.5~7.5%になるとの見通しを示していた。

マレーシアのGDP成長率(2008年~2020年)

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.04.07
20年のマレーシア住宅在庫はコロナ禍でも減少、供給減などで

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)はこのほど、2020年の不動産セクターに関するレポートを公表し、住宅在庫総数が前年比3.6%減の2万9,565戸となったことを明らかにした。 新型コロナウイルスの流行によって、2020年の不動産取引件...[記事全文]

2021.04.06
マレーシアがMRT3号線計画を本格再開へ、今年下半期の着工目指す

マレーシアのウィー・カーション運輸相はこのほど、2018年の政権交代に伴い中断されていたクアラルンプールの環状線、MRT(大量高速輸送)3号線の整備事業再開に向け、建設主体となるMRTコープに3ヵ月間の事業化調査期間を与えたことを発表。今年下半期(7~12月)にも着工した...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月12日