海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.02.22
比不動産開発CLI、セブ市に複合高層ビルを開発へ

フィリピンの不動産開発会社セブ・ランドマスターズ(CLI)は19日、中部セブ市で約40億ペソ(約87億円)を投じ、複合高層ビル「マスターズ・タワー・セブ」を開発すると発表した。2021年6月までに着工し、2025年の完成を予定しているという。

同ビルは、セブ市の「セブ・ビジネス・パーク」内にある2,840㎡の敷地に開発。海抜192mの建物には、仏ホテル大手アコー・ホテルズが展開する最上級ブランド「ソフィテル」を冠した5つ星ホテル「ソフィテル・セブ・シティ」(全195室)のほか、オフィス、商業施設などが入居する。

現在コロナ禍で観光業は厳しい状況に直面しているものの、CLIは今後数年間で景気は「力強く回復」し、セブを訪れる外国人観光客も増加すると見て、プロジェクトの実施を決めたとしている。

マスターズ・タワー・セブの外観イメージ
マスターズ・タワー・セブの外観イメージ
(出所:Cebu Landmasters

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.03.05 NEW
フィリピンの超富裕層人口、2020~25年にかけて36%増加の見通し

英不動産サービス大手ナイト・フランクがこのほど公表した「ザ・ウェルス・レポート」の中で、フィリピンの超富裕層人口(投資可能資産額3,000万ドル以上)が、2020~2025年の5年間で35%増加し、658人になるとの予測を示した。また、富裕層人口(同100万ドル以上)...[記事全文]

2021.03.04
タイ不動産SCアセットが国内初のICO実施へ、自社不動産を裏付け

タイ証券取引所(SET)に上場する不動産開発会社SCアセットが、仮想通貨の新規発行による資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」を計画していることがこのほど明らかとなった。 報道によると、SCアセットは自社が開発した不動産を裏付けとする資産...[記事全文]

2021.02.24
米ホテル大手ウィンダムがカンボジア初進出、シアヌークビル州に

米ホテル運営大手ウィンダム・ホテルズ&リゾーツはこのほど、カンボジア南部シアヌークビル州に高級ホテル「ハワード・ジョンソン・プラザ・バイ・ウィンダム・ブルーベイ・シアヌークビル」を開業した。ウィンダムにとって、カンボジアで初のホテル展開となる。 同ホテル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年02月22日