海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.09.09
中国EV大手BYDがタイに工場建設へ、中国国外では初

中国の電気自動車(EV)大手である比亜迪(BYD)はこのほど、タイ東部ラヨーン県にEVの組み立て工場を建設することを発表した。同社が中国国外でEV生産拠点を設けるのは今回が初。

工場の建設予定地は、経済特区「東部経済回廊(EEC)」内の工業団地「WHAラヨーン36・インダストリアル・エステート」にある600ライ(96ヘクタール)の敷地。計画の第1期として、約179億バーツ(約707億円)を投じて、年産能力15万台の工場を建設する予定で、2024年の操業開始を見込んでいる。また、第2期計画では、さらに500ライの工場用地の取得も視野に入れている。

当初は、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ATTO3(アットスリー)」を生産予定。同工場は、将来的に東南アジア諸国連合(ASEAN)域内や欧州に輸出するEVの生産拠点として機能させていく考えだとしている。

BYDのアジア太平洋統括マネージャーであるリウ氏は、タイでの工場建設について、「WHAラヨーン36・インダストリアル・エステートは、立地、人材、物流、インフラのいずれも、我々が求める条件を満たす最高の場所だ」と説明。そのうえで、「タイは世界的に重要なEVハブになる」との認識を示している。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.11.29 NEW
タイのコンドミニアム市場、23年は中低価格帯が回復をけん引か

タイ・コンドミニアム協会のピラポン会長はこのほど、2023年のタイのコンドミニアム市場に関して、200万~300万バーツ(約780万~1,170万円)の中低価格帯物件が回復をけん引するとの見方を示した。 タイを訪れる外国人旅行者数が2023年に年間2,0...[記事全文]

2022.11.24
22年3QのタイGDP成長率は4.5%増、観光回復が寄与

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2022年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は、前年同期比4.5%増となった。四半期のGDP成長率としては、2021年第2四半期(4~6月)以来の高い伸び率だった。 分野別に見ると、長雨の影響で「農...[記事全文]

2022.11.21
「三越BGC」が18日に開業、開店前から350人が列

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は18日、フィリピン・マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」を開業した。 オープン初日は、開店前から近隣住民など約350人が行列を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年09月09日