海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.05.27
シンガポール初の日本式温浴施設「湯の森温泉&スパ」がオープン

シンガポールで初となる日本式の温浴施設「湯の森温泉&スパ」が26日、シンガポール東部にある総合スポーツ施設「スポーツ・ハブ」にオープンした。

タイ人オーナーのジョー・スミス氏と、シンガポールを拠点に東南アジア各国で飲食や美容サービス事業を手掛ける日系企業コマースグループによるジョイントベンチャーで展開されるもので、すでにタイでは運営が行われており、日本文化を疑似体験できる場所として人気を集めている。

湯の森温泉&スパは、スポーツ・ハブ内の商業施設「カラン・ウェーブ・モール」に入居。炭酸泉やジェットバスなど男湯に6風呂、女湯に5風呂のほか、サウナやスチームサウナなども備える。また、軽食を提供するカフェや、休憩エリア、マッサージコーナーも併設するなど、日本の日帰り温浴施設と同様の作りとなっている。

シンガポールには温泉がほぼないため、日本の水処理装置会社ミズプラの技術によって、シンガポールの水から温泉と同様の効果が得られる炭酸泉などを作り出し、施設内で利用する。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.11.21
「三越BGC」が18日に開業、開店前から350人が列

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は18日、フィリピン・マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」を開業した。 オープン初日は、開店前から近隣住民など約350人が行列を...[記事全文]

2022.11.08
新マニラ国際空港、2027年の開港を目指す

フィリピンのバウティスタ運輸相はこのほど、マニラ首都圏北郊のブラカン州で建設が進む「新マニラ国際空港(ブラカン国際空港)」について、2027年の開港を目指すことを明らかにした。 同空港の建設は、旅客処理能力が限界に達している既存のニノイ・アキノ国際空港を...[記事全文]

2022.11.04
フィリピン、11月4日から入国制限の大半を撤廃

フィリピン政府は、新型コロナウイルスの水際対策として実施してきた入国制限の大半を、11月4日から撤廃することを発表した。 今回の規制緩和により、15歳以上のワクチン未接種者、規定回数(種類に応じて1回または2回)未満の接種者、接種完了を証明できない人であ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年05月27日