海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.05.27
シンガポール初の日本式温浴施設「湯の森温泉&スパ」がオープン

シンガポールで初となる日本式の温浴施設「湯の森温泉&スパ」が26日、シンガポール東部にある総合スポーツ施設「スポーツ・ハブ」にオープンした。

タイ人オーナーのジョー・スミス氏と、シンガポールを拠点に東南アジア各国で飲食や美容サービス事業を手掛ける日系企業コマースグループによるジョイントベンチャーで展開されるもので、すでにタイでは運営が行われており、日本文化を疑似体験できる場所として人気を集めている。

湯の森温泉&スパは、スポーツ・ハブ内の商業施設「カラン・ウェーブ・モール」に入居。炭酸泉やジェットバスなど男湯に6風呂、女湯に5風呂のほか、サウナやスチームサウナなども備える。また、軽食を提供するカフェや、休憩エリア、マッサージコーナーも併設するなど、日本の日帰り温浴施設と同様の作りとなっている。

シンガポールには温泉がほぼないため、日本の水処理装置会社ミズプラの技術によって、シンガポールの水から温泉と同様の効果が得られる炭酸泉などを作り出し、施設内で利用する。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.12.09 NEW
ベトナムが国際線定期便の再開を前倒しへ、今月15日にも

ベトナム交通運輸省はこのほどファム・ミン・チン首相に対して、国際線定期便の受け入れ再開計画を前倒しし、今月15日から試験的な運用を開始する方向でまとめた新たな計画案を提出した。 先月明らかになった当初計画案では、来年1月から段階的に再開を進める方針が示されて...[記事全文]

2021.12.08 NEW
ハノイ中心部の二輪車通行禁止計画、2025年に前倒しで実施か

ベトナムの首都ハノイ市人民委員会はこのほど、市中心部における二輪車(モーターバイク)の通行禁止計画を、従来よりも前倒しして2025年に実施する案を市人民評議会に提出した。提案は今月7日からの人民評議会で審議され、10日に採決される予定だという。 同計画を巡っ...[記事全文]

2021.12.03
シンガポールのショップハウス市場が活況、21年の取引額は過去最高

シンガポールの都市開発庁(URA)が公表しているデータによると、2021年におけるショップハウス(店舗付き住宅)の取引額が、11月30日時点ですでに15億3,000万Sドル(約1,260億円)に達し、過去最高を更新していることがわかった。 ショップハウスは、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年05月27日