海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.02.13
星政府系投資会社GICが英国で学生寮を取得、長期的に魅力

シンガポール政府系投資会社のGICは10日、英国の学生寮開発・運営大手ユナイト・スチューデンツと共同で、同国中部バーミンガムにあるアストン大学の学生寮「アストン・スチューデント・ビレッジ(ASV)」を2億2,700万ポンド(約320億8,400万円)で取得したと発表した。5棟構成となるASVには3,067のベッドが設けられており、アストン大で唯一の学生向け宿泊施設となっている。

GICの不動産部門GICリアルエステートで欧州事業を統括するマデリーヌ・コスグレーブ氏は、「ASVはバーミンガム中心部に位置するアストン大学内にあり、資産価値が高い。学生寮事業は長期的に成長が見込まれ、安定的な収益が期待できる」と説明している。

イギリス不動産についての最新情報

イギリス不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.05.06 NEW
イギリスが社会的距離ルールの廃止を検討、6月21日にも

イギリスのボリス・ジョンソン首相は3日、新型コロナウイルス対策として実施している「1メートル超」の社会的距離ルール(ソーシャル・ディスタンス)について、イングランドでは6月21日から廃止できる可能性があると発表した。 イギリスではワクチン接種が順調に進ん...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年02月13日