海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.08.09
アメリカの駐マレーシア大使、ジョホール州経済を高評価

アメリカのカマラ・シリン・ラクディール駐マレーシア大使は、ジョホール州は国内で最も多くの投資を誘致しているとして、同州がマレーシアだけでなく東南アジア諸国連合(ASEAN)における主要な経済地域になる可能性があるとの見解を示した。

同大使はジョホール州について、税制などでビジネスに優しい環境が整っていることや、英語を話す優秀な労働力を確保できることで、アメリカなど海外からの投資誘致で有利になっていると指摘。「アメリカの投資家が求める要素がある」として、今後も投資の流入が進み、国内およびASEANの「パワーハウス(原動力)」となる可能性があると期待を寄せた。


関連記事

2018.07.17 NEW
5月の在外フィリピン人送金額、6.9%増の24.6億ドル

フィリピン中央銀行によると、5月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比6.9%増の24億6,900万ドル(約2,770億円)となり、単月で今年最大額となった。送金元の多くは、米国、英国、シンガポールが占めた。送金の...[記事全文]

2018.07.17 NEW
4~6月のシンガポールGDP成長率は3.8%増

シンガポール通産省が発表した2018年4~6月期のGDP成長率(速報値)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3.8%増加した。セクター別にみると、電子製品や製薬の好調を背景に、製造業が前年同期比8.6%増と高水準を維持したほか、金融・保険、卸売り・小売りの伸びが下支えとなり...[記事全文]

2018.07.13
世界イノベーション指数ランキング、シンガポールが世界5位

世界知的所有権機関(WIPO)とフランスの経営大学院インシアード(INSEAD)、米コーネル大学が発表した2018年版「世界イノベーション指数(GII)」で、シンガポールは前年から2ランクアップの5位となった。世界1位はスイスで、以下、オランダ、スウェーデン、英国と続いた。アジア...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年08月09日