海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.11.16
中国政府、フィリピンのインフラ整備などに73億ドルを支援

フィリピンの財務省は14日、中国政府がインフラ整備の優先事業などに対する約73億4,000万ドル(約8,291億円)の借款と無償資金協力を確約したと明らかにした。内訳としては、政府のインフラ開発10事業に71億9,000万ドルを借款するほか、マニラ首都圏の橋りょう建設や麻薬中毒患者の更正施設の建設に計1億4,822万ドルの無償資金協力を供与する。

借款のうち32億1,000万ドルは第1弾として、首都圏の水源を開発するニュー・センテニアル水源-カリワダム・プロジェクト(事業費2億3,492万ドル)、フィリピン国有鉄道(PNR)の南長距離プロジェクトの整備(29億1,000万ドル)などに充てる。また、第2弾の39億8,000万ドルは、サンバレス州スービック~パンパンガ州クラーク鉄道の整備(9億4,764万ドル)やミンダナオ地方ダバオ市の高速道路(4億2,481万ドル)建設に充てる予定としている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.14
21年1Qの比オフィス需要は22.5%増、IT・BPMセクターがけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のオフィス需要は前期比22.5%増の10万9,000㎡となった。 需要をけん引したのは、IT・BPM(ビジネス・プ...[記事全文]

2021.04.13
マニラ首都圏のケーブルカー建設計画が承認、仏政府が資金提供

フィリピン運輸省(DOTr)はこのほど、国家経済開発庁(NEDA)に対して、マニラ首都圏のケーブルカー・トランジットシステムの建設プロジェクトを承認したことを明らかにした。 開発はフランス政府からの資金提供によって行われる予定で、すでにフランスのコンサル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年11月16日