海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.03
米格付け会社ムーディーズ、フィリピン経済は向こう数年に渡り力強く成長

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、フィリピン政府が進める積極的なインフラ整備計画や税制改革を評価した上で、向こう数年の同国経済について「力強く成長する」との見通しを示した。また、1人当たりの所得拡大を通じて歳入が増加し、政府の債務負担能力を改善できれば、さらなる格付けの引き上げもあるとの認識を示した。

また、2013年1月以降の最高水準(5.2%/6月)を記録したインフレ率については、景気過熱によるものではなく、一過性のものと見ており、「来年には再び政府目標の2~4%の範囲に落ち着く」との見通しを示した。


関連記事

2018.10.18 NEW
国際競争力ランキング、シンガポールが2位に浮上

世界経済フォーラム(WEF)が17日に発表した「国際競争力ランキング」(2018年版)で、シンガポールは総合指数83.5となり、前年からワンランクアップの世界2位となった。首位は10年ぶりに返り咲いたアメリカで、以下、ドイツ、スイス、日本と続いた。 同ランキングは、世界14...[記事全文]

2018.10.15
シンガポールが金融引き締めを実施、インフレ圧力の上昇を見越して

シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、半期に一度実施している金融政策の見直しで、シンガポールドルの名目実効為替レート(NEER)における政策バンドの傾きをわずかに上昇方向に引き上げ、シンガポール高への誘導ペースを加速させることを決定した。世界では金融政策の手段として政策金利を...[記事全文]

2018.10.12
訪フィリピン外国人旅行者、1~8月は8.5%増の485万人

フィリピン観光省によると、2018年1~8月に同国を訪れた外国人旅行者は、前年同期比8.5%増の485万人だった。国地域別で上位5ヵ国の旅行者数をみると、首位の韓国はほぼ横ばいの106万人だったものの、それ以外の国では中国が35.7%増の87万177人、アメリカが8.2%増の71...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月03日