海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.10
イスカンダル・マレーシア、人口増で25年までに住宅70万戸が必要

マレーシア・ジョホール州のイスカンダル地域開発庁(IRDA)は、同州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)で進む大型再開発プロジェクト「イスカンダル計画」の完了を予定している2025年までに、60万~70万戸の住宅が必要との見通しを示した。

計画の進展と共に経済成長が進む中、計画開始当初の06年時点で149万人だったIDRの人口は、足元で195万人にまで拡大しており、25年には最大300万人が居住するエリアになると見ている。


関連記事

2018.12.12 NEW
フィリピンのGDP、今後20年間で世界18位の規模に拡大へ

英市場調査会社キャピタル・エコノミクスは、世界経済の長期見通しに関する最新のレポートの中で、フィリピン経済は生産年齢人口の増加を背景に成長が続き、2037年にGDPは世界18位(現在、同25位)の規模になると予想を示した。 同レポートによれば、フィリピン経済は18~27年に...[記事全文]

2018.12.07
長期滞在型ホテル「ハイアットハウス」がKLに開業、東南アジア初

米ホテル運営大手ハイアット・ホテルズ&リゾーツは6日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)のモントキアラ地区に、ホテル「ハイアット・ハウス・クアラルンプール(HHKL)」を開業した。同社が展開する長期滞在型ホテルブランド「ハイアット・ハウス」としては東南アジア初進出となる。同...[記事全文]

2018.11.30
エアアジアXがKL~福岡線を開設、来年2月末から週4便

格安航空会社(LCC)大手エアアジアの長距離部門エアアジアXは、来年2月28日にクアラルンプール(KL)~福岡便を開設すると発表した。運航は週4往復を計画しており、機材はエアバスA330型機(全377席)となる。エアアジアXのベンヤミン・イスマイル最高経営責任者(CEO)は、「2...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月10日