海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.15
比不動産大手アヤラ、マニラ首都圏でドミトリー物件を4軒建設へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、マニラ首都圏の4ヵ所に、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業などで働く若者をターゲットにした相部屋形式のドミトリー物件を建設する。これらはALIグループが運営する「ザ・フラッツ」ブランドで展開され、各ユニットにはトイレやキッチン、主要な家具が備え付けられる。全4軒で計1,281室が設けられ、ひとつのユニットに最大4人が入居可能となる。

2021年まで毎年1軒ずつ開業する計画で、1軒目は2018年9月にマカティ市アモルソロ地区、2軒目は2019年第1四半期(1~3月)にボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)のフィフス・アベニュー沿いに開業。その他、3軒目は2020年第1四半期(1~3月)にBGCのユニバーシティー・パークウェイ地区、4軒目は2021年にマカティ市でALIが進める複合開発「サーキット・マカティ」で開業する。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.03.05 NEW
フィリピンの超富裕層人口、2020~25年にかけて36%増加の見通し

英不動産サービス大手ナイト・フランクがこのほど公表した「ザ・ウェルス・レポート」の中で、フィリピンの超富裕層人口(投資可能資産額3,000万ドル以上)が、2020~2025年の5年間で35%増加し、658人になるとの予測を示した。また、富裕層人口(同100万ドル以上)...[記事全文]

2021.03.04
タイ不動産SCアセットが国内初のICO実施へ、自社不動産を裏付け

タイ証券取引所(SET)に上場する不動産開発会社SCアセットが、仮想通貨の新規発行による資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」を計画していることがこのほど明らかとなった。 報道によると、SCアセットは自社が開発した不動産を裏付けとする資産...[記事全文]

2021.02.24
米ホテル大手ウィンダムがカンボジア初進出、シアヌークビル州に

米ホテル運営大手ウィンダム・ホテルズ&リゾーツはこのほど、カンボジア南部シアヌークビル州に高級ホテル「ハワード・ジョンソン・プラザ・バイ・ウィンダム・ブルーベイ・シアヌークビル」を開業した。ウィンダムにとって、カンボジアで初のホテル展開となる。 同ホテル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月15日