海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.03.05
積水化学工業、バンコクで中間層向け住宅市場を開拓へ

積水化学工業がタイの首都バンコクで、2023年度末までに中価格帯の分譲ユニット住宅(工場で生産された部屋単位のユニットを組み合わせた住宅)の開発を検討していることがわかった。同社はこれまで、バンコクで富裕層向けの高級住宅を手掛けているが、品質の高さや工期の短さがタイの中間所得層にも評価されると判断し、富裕層に次ぐ市場として開拓していきたい考え。

積水化学工業・住宅カンパニーの広報担当者によると、ユニット住宅の部材などを生産する工場の生産性を高めるほか、これまでタイで販売してきた住宅よりも規模を縮小することで、最低販売価格を40%程度抑えた住宅を開発するという。価格は約5,300万円からとなる見通し。


関連記事

2019.05.16
シンガポールの中古住宅市場、3ヵ月連続で価格上昇も依然低調

不動産情報サービスのシンガポール・リアル・エステート・エクスチェンジ(SRX)が発表した4月の民間集合住宅(コンドミニアム、アパート)の中古販売価格指数(速報値、2009年1月=100)は、前月比で0.9%上昇、前年同月比では3.6%上昇して192.3となった。前月比で上...[記事全文]

2019.05.15
星不動産大手キャピタランド、世界初の垂直菜園付きコンド建設へ

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは14日、中心部チャイナタウンのパールズ・ヒルに建設する高層コンドミニアム「ワン・パール・バンク」のデザインを公開した。完成は2023年を予定している。 同コンドは2棟構成、39階建て、全774戸からなり、2つの棟はス...[記事全文]

2019.05.13
興和G、高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」を今夏開業 

健康・医療を中心に様々な事業を展開する興和グループの不動産部門「興和ワイキキ」は今夏、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りに面した一等地に、超高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」をオープンする。 同ホテルは、元々あったアストン・ワイキキ・ビーチサ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年03月05日