海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.03.07
世界長者番付、フィリピンからのランクインは17人に増加

米経済誌フォーブスが発表した2019年版「世界長者番付」によると、「ビリオネア」と呼ばれる保有資産額10億ドル(約1,116億円)以上の富豪は、全世界で2,153人に上り、保有資産額の合計は8兆7,000億ドルとなった。

フィリピンからは、前年より5人多い17人がランクイン。前年まで11年連続で国内首位だった大手財閥SMインベストメンツの創業者ヘンリー・シー氏は今年1月に死去しており、代わって不動産開発大手ビスタランド&ライフスケープスのマヌエル・ビリヤル会長が首位となった。ビリヤル氏の保有資産は55億ドルで、世界全体では317位だった。

その他、国内2位は複合企業大手JGサミット・ホールディングスの創業者ジョン・ゴコンウェイ氏(51億ドル/世界343位)、3位は港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)の総帥エンリケ・ラソン氏(48億ドル/同379位)、4位は複合企業大手LTグループの創業者ルシオ・タン氏(44億ドル/同436位)、5位は外食最大手ジョリビー・フーズの創業者トニー・タン・カクチョン氏(39億ドル/同529位)と続いた。


関連記事

2019.03.18
1月の在外フィリピン人送金額、4.4%増の24.8億ドル

フィリピン中央銀行によると、2019年1月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比4.4%増の24億8,400万ドル(約2,769億円)だったと発表した。 内訳は、海上就労者からが12.7%増の5億3,00...[記事全文]

2019.03.14
比大手財閥アヤラの18年決算、不動産など主力事業が2ケタ増益

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーションが13日発表した2018年連結決算は、売上高が13%増の3,024億9,017万ペソ(約6,382億円)、純利益が前年比5%増の318億1,772万ペソだった。主力事業の不動産、通信、発電などが2ケタ増益と好調だった。 不動産...[記事全文]

2019.03.13
マレーシア経済は2020年にかけて堅調さを維持、IMF予測

国際通貨基金(IMF)は11日、2020年までのマレーシア経済の見通しを公表し、19年と20年のGDP成長率をそれぞれ4.7%、4.8%と予測した。堅調な個人消費に支えられた内需の拡大や、事業環境の改善などによる投資の増加などが、安定的な成長を後押しすると見ている。 一...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年03月07日