海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.03.15
タイで土地・建物税法が施行、徴税は20年1月から

タイ政府は12日、日本の固定資産税に相当する「2562年土地・建物税法」を官報に告示し、13日付で発効した。徴税の開始は2020年1月1日となる。同法の成立により、毎年1月1日時点で土地や建物を保有している人に、その年の土地・建物税が課税されることとなる。税率は「農業用」「住居用」「商業用」「未使用」に分けて設定されており、国が定める評価額に対し、農業用は0.15%以下、住居用は0.3%以下、商業用は1.2%以下、未使用は1.2%以下を課税する。


関連記事

2019.05.16
シンガポールの中古住宅市場、3ヵ月連続で価格上昇も依然低調

不動産情報サービスのシンガポール・リアル・エステート・エクスチェンジ(SRX)が発表した4月の民間集合住宅(コンドミニアム、アパート)の中古販売価格指数(速報値、2009年1月=100)は、前月比で0.9%上昇、前年同月比では3.6%上昇して192.3となった。前月比で上...[記事全文]

2019.05.15
星不動産大手キャピタランド、世界初の垂直菜園付きコンド建設へ

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは14日、中心部チャイナタウンのパールズ・ヒルに建設する高層コンドミニアム「ワン・パール・バンク」のデザインを公開した。完成は2023年を予定している。 同コンドは2棟構成、39階建て、全774戸からなり、2つの棟はス...[記事全文]

2019.05.13
興和G、高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」を今夏開業 

健康・医療を中心に様々な事業を展開する興和グループの不動産部門「興和ワイキキ」は今夏、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りに面した一等地に、超高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」をオープンする。 同ホテルは、元々あったアストン・ワイキキ・ビーチサ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年03月15日