海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.04.11
大垣共立銀行、タイのコンド専用ローンを15日から提供開始

大垣共立銀行は9日、今月15日からタイのコンドミニアム取得に特化したローン「OKBタイコンドミニアムローン」の取り扱いを始めると発表した。タイに進出している日系企業の社宅や、個人の別荘取得などのニーズを取り込みたい考え。

個人・法人を問わず、タイのコンドミニアムを取得するための資金として利用可能で、購入金額の80%を上限に、日本円で500万~1億円を融資する。融資期間は3年以上30年以内となり、融資対象となる物件の権利証を預けることで、担保は不要となる。


関連記事

2019.04.24 NEW
オアフ島内の固定資産税引き下げ案を承認、ホノルル市議会

ホノルル市議会はこのほど、オアフ島内の固定資産税を引き下げる案を承認した。承認された法案は、固定資産税の控除額を現在の8万ドルから10万ドルに、標準的な老人ホームの控除額を12万ドルから14万ドルにそれぞれ引き上げるもので、島内の多くの住宅所有者は固定資産税の額が70ドルほど...[記事全文]

2019.04.24 NEW
シンガポール中心部の大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要が公表

シンガポールの不動産開発大手グオコランドは、同国中心部のビーチ・ロード地区で進める大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要を公表した。 概要によると、30階建ての高級オフィスビルを中核に、32階建ての高層住宅、公共施設、旧ビーチ・ロード警察署を改装した飲食店のアウ...[記事全文]

2019.04.22 NEW
星ホテル大手ファーイーストがベトナム進出、拡大する観光需要を狙う

シンガポールのホテル大手ファー・イースト・ホスピタリティーは、ベトナムの首都ハノイやホーチミン、ダナンなどの都市部に、今後5年間で計1,000室分のホテルを開業する計画を明らかにした。同社のアーサー・キオング代表は、「ベトナムを訪れる外国人旅行者は、15年以降2ケタのペー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年04月11日