海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.04.11
日本人のロングステイ希望国、マレーシアが13年連続で1位に選出

一般社団法人ロングステイ財団は2日、「ロングステイ希望国・地域2018」を公表し、日本人がロングステイしたい国としてマレーシアが13年連続で1位に選出された。

ロングステイ財団は、マレーシアが人気を集める理由として、長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」があることや、温暖な気候、良好な治安、高い医療水準などを挙げた。また、長年に渡りロングステイ希望国としてトップを維持していることで、イメージが定着している面もあるという。

なお、2位以下にはタイ、ハワイ、フィリピン、オーストラリア、台湾、カナダ、インドネシア、シンガポール、アメリカ本土が続いた。


関連記事

2019.07.03
マレーシアのAiebnb宿泊者数、直近1年は73%増の325万人

米民泊仲介サイト大手Airbnb(エアビーアンドビー)によると、2018年7月1日~19年7月1日に同社サービスを利用したマレーシアでの宿泊者数が前年同期比73%増の325万人となった。マレーシア国内で登録されている民泊件数は5万3,000件で、東南アジア地域では最速のペ...[記事全文]

2019.07.02
18年のマレーシア国内旅行者数、7.7%増の2.2億人

マレーシア統計局によると、2018年の国内旅行者数は前年比7.7%増の2億2,130万人だった。また、旅行先での総支出額は、11.4%増の925億6,100万リンギ(約2兆4,150億円)となった。 州別の訪問者数はセランゴール州が最多の3,020万人で、以...[記事全文]

2019.06.24
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的な人気スポーツとなっている議長国のタイが...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年04月11日