海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.05.15
ベトナムの1人当たり所得、30年に4倍増の1万400ドルへ

英金融大手スタンダード・チャータード銀行のエコノミストは、ベトナムの1人当たりの所得が2018年時点の2,500ドル(約27万円)から、2030年には4倍増の1万400ドル(約114万円)に達するとの見通しを示した。

また、向こう10年間のベトナム経済については、年平均7%前後の成長を維持すると予測。その他、高度経済成長を遂げる国として、インド、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピン、エチオピア、コートジボワールなどの名前を挙げた。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.05.27
越不動産開発サングループ、クアンニン省に日本式温泉リゾートを開業

ベトナムの不動産開発会社サン・グループは23日、北部クアンニン省カムファー市に日本式温泉リゾート「陽光温泉(YOKO Onsen)」の第1期開発部分を正式に開業した。 同リゾートは世界遺産ハロン湾から約10km、カムファー市中心部から約15kmの場所に位置。...[記事全文]

2020.05.21
バンブー航空が20年Q4に上場、年内に国際線25路線に拡大へ

ベトナムの大手不動産開発会社FLCグループ傘下のバンブー・エアウェイズは19日、2020年第4四半期(10~12月)にホーチミン証券取引所(HOSE)に上場することを明らかにした。バンブー・エアウェイズは当初、今年第2四半期(4~6月)に上場する計画だったが、新型コロナウ...[記事全文]

2020.05.20
20年Q1のタイGDP成長率は1.8%減、コロナや干ばつで6年ぶりマイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は、前年同期比1.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつが経済を下押し、反政府デモなどで政情不安となった14年第1四半期以来のマイナス成長を記録した。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年05月15日