海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.05.14
ハノイ市に地下駐車場を整備へ、投資額は7700万ドル規模

ベトナムのハノイ市人民評議会は、地場大手デベロッパーのヒムラムBCによる同市トゥーレ湖公園での地下駐車場の開発事業を承認した。投資額は1兆8,000億ドン(7,700万ドル、約85億円)で、2020年末の完成を予定している。

地下駐車場は地下6階建てで、総面積は7万2,000m2。地下1階の9割近くには物販店や飲食店も入居する。


関連記事

2019.05.20 NEW
ハノイに屋内型テーマパーク「サンリオ・ハローキティワールド」が21年開業へ

ベトナムの複合企業BRGグループは19日、ハノイで建設を計画する屋内型テーマパーク「サンリオ・ハローキティワールド・ハノイ by BRG」のプロジェクト発表会を開催した。国内初の国際水準のテーマパーク、かつ「サンリオ」ブランドのテーマパークとしては東南アジア最大規模となる...[記事全文]

2019.05.15
ベトナムの1人当たり所得、30年に4倍増の1万400ドルへ

英金融大手スタンダード・チャータード銀行のエコノミストは、ベトナムの1人当たりの所得が2018年時点の2,500ドル(約27万円)から、2030年には4倍増の1万400ドル(約114万円)に達するとの見通しを示した。 また、向こう10年間のベトナム経済につい...[記事全文]

2019.05.13
大手格付け会社フィッチ、ベトナムの格付け見通しを引き上げ

英系の大手格付け会社フィッチレーティングスは9日、ベトナムの外貨・VND建て長期発行体格付けを「BB」で据え置いた一方で、見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。 見通し引き上げの理由についてフィッチは、政府債務の減少、経常収支の黒字、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年05月14日