海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.07.09
越不動産大手ビンホームズ、ホーチミン市でスマートシティ開発へ

ベトナムの複合企業ビングループ傘下の住宅開発会社ビンホームズはこのほど、ホーチミン市で開発する公園スマートシティ(環境配慮型都市)「ビンホームズ・グランドパーク」の概要を発表した。

グランドパークは、ホーチミン市9区のロンビン街区とロンタインミー街区にまたがる271ヘクタールで、国際水準の公園スマートシティーとして開発。中核となる公園は36ヘクタールに及ぶ大規模なものとなり、ミニゴルフ公園やトレーニングマシン800台を備える屋外運動公園、バーベキュー公園など15種類のエリアで構成される。

また、公園以外にも、若者・ファミリー・富裕層とそれぞれに応じた3種類の住宅を開発するほか、教育施設や商業施設、オフィスビルなども建設する。


関連記事

2019.07.16 NEW
ホーチミン市の高級アパート価格、18年は平均17%上昇

米系の不動産仲介会社サザビーズ・インターナショナル・リアルティーによると、2018年におけるホーチミン市の高級アパートの平均価格(1m2当たり)は、前年比17%増の5,518ドル(約59万5,300円)となった。また、今後についても10%近い上昇が続くと見ており、2020...[記事全文]

2019.07.05
大戸屋、ホーチミン市にベトナム2号店をオープン

和定食チェーン「大戸屋ごはん処」を展開する大戸屋ホールディングスは4日、ベトナム・ホーチミン市1区のビテクスコ・フィナンシャル・タワーの2階に、同国2号店をオープンした。 「鶏と野菜の黒酢あん」(単品価格12万ドン/約560円)や「チキンかあさん煮」(同13...[記事全文]

2019.07.04
4~6月のシンガポール不動産投資額、31%増の58.4億Sドル

米不動産仲介大手CBREによると、2019年4~6月期におけるシンガポールの不動産投資額(速報値)は、前期比31%増の58億4,600万Sドル(約4,640億円)だった。 取引額増加の背景には、中心部でオフィスビルの大型取引が相次いだことがあり、オフィスを含...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月09日