海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.07.09
越不動産大手ビンホームズ、ホーチミン市でスマートシティ開発へ

ベトナムの複合企業ビングループ傘下の住宅開発会社ビンホームズはこのほど、ホーチミン市で開発する公園スマートシティ(環境配慮型都市)「ビンホームズ・グランドパーク」の概要を発表した。

グランドパークは、ホーチミン市9区のロンビン街区とロンタインミー街区にまたがる271ヘクタールで、国際水準の公園スマートシティーとして開発。中核となる公園は36ヘクタールに及ぶ大規模なものとなり、ミニゴルフ公園やトレーニングマシン800台を備える屋外運動公園、バーベキュー公園など15種類のエリアで構成される。

また、公園以外にも、若者・ファミリー・富裕層とそれぞれに応じた3種類の住宅を開発するほか、教育施設や商業施設、オフィスビルなども建設する。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.05.29 NEW
長谷工コーポ、オアフ島西部の再開発エリアで新たな用地を取得

日本の準大手ゼネコン、長谷工コーポレーションの現地法人Haseko Hawaii Inc.はこのほど、オアフ島西部のエバ地区にある14.79エーカー(約59,850㎡)の土地を取得した。取得価格は非公開となっている。 場所はミウラストリートとレ...[記事全文]

2020.05.27
越不動産開発サングループ、クアンニン省に日本式温泉リゾートを開業

ベトナムの不動産開発会社サン・グループは23日、北部クアンニン省カムファー市に日本式温泉リゾート「陽光温泉(YOKO Onsen)」の第1期開発部分を正式に開業した。 同リゾートは世界遺産ハロン湾から約10km、カムファー市中心部から約15kmの場所に位置。...[記事全文]

2020.05.27
20年4月の米新築住宅販売件数は0.6%増、予想外に増加

米商務省が26日に発表した2020年4月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比0.6%増の62万3,000戸だった。市場では498万戸程度への落ち込みが予想されていたものの、予想外の上昇を示した。 新型コロナウイルスの影響で前月に2013年7月...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月09日