海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.05
マレーシアで9月1日から出国税導入、最大150リンギ

マレーシア財務省は先月31日、マレーシアから海外に空路で向かう出国者を対象とする「出国税」を、9月1日から導入すると発表した。渡航先と座席のクラスによって課税額が異なり、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内へ出国する場合は、エコノミークラスが8リンギ(約204円)、それ以外が50リンギ(約1,275円)。ASEAN域外へ出国する場合は、それぞれ20リンギ、150リンギとなる。なお、2歳未満の乳幼児や、マレーシアでの12時間未満の乗り継ぎ客、旅客・貨物機の乗務員などは課税の対象外となる。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
ハワイが新型コロナ事前検査プログラムを発表、10月15日から観光再開

ハワイ州のデービッド・イゲ知事は、観光業を中心とする州経済を活性化させるため、州外(米国本土)からの渡航者に対して行っている到着後の自己隔離措置を条件付きで免除する「旅行前検査プログラム(pre-travel testing program)」を、10月15日から導入する...[記事全文]

2020.09.11
タイ政府、270日間滞在可能な特別観光ビザの発給を検討

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック長官は来週の閣議で、最長270日間の滞在が可能な特別観光ビザ(STV)の発給についての提案を行うことを明らかにした。 STVは当初90日間の滞在ができ、2度延長することで最長270日間(90日+90日+90日)の滞在が可...[記事全文]

2020.09.11
マレーシア政府、高級住宅に対する「空室税」の来年導入は見送り

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相は10日、買い手が付かずに完成後も不動産開発会社が所有している高級物件に対し、「空室税(Vacancy Tax)」を課税する計画について、当初予定していた来年中の導入は行わない考えであることを明らかにした。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月05日