海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.07
マレーシアのコンド市場に底入れの兆し、HOC延長で下期にも在庫一掃

英系不動産仲介大手ナイト・フランクは、最新のマレーシア不動産市況レポートの中で、政府が新築住宅の在庫物件を対象に実施している初回住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」を年末まで延長したほか、上半期(1~6月)の新規供給物件が少なかったことから、不動産開発会社が在庫物件を下半期(7~12月)に処分できるとの見通しを示した。

今後も物件と価格のミスマッチを注視していく必要はあるが、政府が住宅市場の安定化に向けた政策見直しを活発に行っているほか、銀行貸出金利が引き続き低いこともあり、確実に住宅購入者や投資家が戻ってくると見ている。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.29 NEW
米S&P/ケース・シラー住宅価格指数、19年11月は2.55%の大幅上昇

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが28日に発表した2019年11月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(20都市圏)は、前年同月比2.55%上昇の218.68となった。 低金利環境や良好な雇用情勢を背景に、引き続き住宅販売が好調だったほか、住宅...[記事全文]

2020.01.29 NEW
日本生命が海外不動産・インフラ投資を拡大、今後5年で3500億円

日本生命は28日、海外の不動産やインフラを投資対象とするファンドに、今後5年間で新たに3,500億円を投資することを発表した。 日本生命による同分野への投資残高はこれまで約1,800億円だったが、来年度末にはほぼ倍増させる方針であるなど、今後、投資残高を...[記事全文]

2020.01.24
マレーシア中銀が予防的利下げを決定、政策金利2.75%に

マレーシア中央銀行は22日に開催した金融政策委員会で、政策金利を3.00%から2.75%に引き下げることを決定した。利下げを行うのは2019年5月以来、8ヵ月ぶりとなる。 市場予想では、今回の会合で政策金利の変更はないと見られていたが、物価が低位で安定し...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月07日