海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.28
海外からの豪商業不動産投資、過去最高の200億豪ドル

米不動産サービス会社クッシュマン&ウェイクフィールド(C&W)によると、今年9月までの1年間におけるオーストラリアの商業不動産に対する海外からの投資額が、過去最高の200億豪ドル(約1兆4,820億円)に達したことがわかった。

海外の投資家が魅力的な利回りを求め、豪ドル安で相対的に割安感のあるオーストラリアの商業不動産への関心を高めているという。

C&Wの最新データによると、海外からの商業不動産投資はオフィス物件に集中しており、全体の66%(132億豪ドル)を占めている。また、国別ではシンガポールからの投資額が42億豪ドルで最大で、このうち政府系投資会社GICによるレンドリース・インターナショナル・タワーズ・トラストの権益25.1%の取得(約10億8,000万豪ドル)が最も大きな取引となった。

その他、8月には香港の通貨当局である香港金融管理局が、シドニーCBDのウィンヤード駅再開発プロジェクト「ウィンヤード・プレイス」の権益25%を4億5,000万豪ドルで取得したほか、カナダの公共部門年金(PSP)投資委員会が、メルボルンの242エキシビション・ストリートにある43階建てのオフィスタワーの権益を8億3,000万豪ドルで取得している。

なお、中国本土からの投資も過去最高となる20億豪ドルを記録したものの、C&Wの国際ディレクターであるジョシュ・カレン氏によると、今年は中国人投資家による新たな活動はほとんど見られず、この数字は過去の投資の「二日酔い」のようなものだとしている。

海外不動産についての最新情報


関連記事

2020.08.11 NEW
若年マレーシア人の不動産購入意欲が上昇、利下げや支援策で

マレーシアの大手メディアStarはこのほど、コロナ禍で相次いで実行された利下げや政府の購入支援策によって、国内の不動産市場で若者を中心に購入意欲が高まっていると報じた。 不動産開発大手エコ・ワールド・デベロップメント・グループのチャン・キムワー最高経営責任者...[記事全文]

2020.08.11 NEW
20年Q2のベトナム住宅取引価格、供給減によりコロナ禍でも小幅上昇

ベトナム建設省が公表した2020年第2四半期(4~6月)の不動産市場に関するレポートによると、新築住宅の供給が大幅に減少したこともあり、新型コロナウイルスの影響を受ける中でも取引価格がやや上昇したことがわかった。 同期に新たに販売が認められた住宅戸数は94件...[記事全文]

2020.08.07
「デュシタニ・バンコク」跡地の高級コンド、発売前の内約率が20%超に

タイのホテル大手デュシタニはこのほど、バンコク・シーロム地区のホテル「デュシタニ・バンコク」の跡地で開発を進めている複合施設「デュシット・セントラル・パーク」に併設する高級コンドミニアムについて、発売前の内約率が20%以上に達していることを明らかにした。 開...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月28日