海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.06
ジョホール~シンガポール間のRTS、LRT方式を採用へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は4日、南部ジョホール州とシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)について、LRT(軽量軌道交通)方式を採用する方針を明らかにした。

RTS計画を巡っては、今年5月に債務削減を目指すマレーシア政府から、事業継続の是非の判断も含め、コスト削減の可能性を調査したいとの要請を受けて着工が延期されていたが、10月31日に事業費を当初計画から36%圧縮することで事業を継続することが発表されたばかり。

ローク運輸相は、「マレーシアでメンテナンスを行うことができるよう、クアラルンプールで運用中のシステムと同様のLRTシステムの導入を考えている」とコメント。

また、当初はシンガポールで広く導入されているMRT(大量高速輸送)システムを導入することも検討されていたが、ジョホール州ブキチャガーとシンガポールのウッドランズを結ぶ2駅だけの区間となるため、LRTシステムで十分と判断した。すでにシンガポール側にも提案済みで、肯定的な反応が得られているという。

同プロジェクトは、現在のところ2024年までに開通予定とされているが、費用の見直し等で着工が遅れていることから、今後開通予定も後ずれする可能性がある。

クアラルンプールのLRTの写真
出所:Achilli Family|Journeys

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。

・マレーシア不動産の魅力

・マレーシア不動産の最新物件リスト

・マレーシア不動産セミナーの開催日程


関連記事

2019.11.14 NEW
比政府が「ビルド・ビルド・ビルド」計画を修正、優先事業100件に増加

フィリピン政府は13日、大規模インフラ整備計画「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」における優先事業リストの修正版を公表した。 ドゥテルテ政権の目玉政策である「ビルド・ビルド・ビルド」では、道路や空港、港湾など周辺国に比べて脆弱...[記事全文]

2019.11.06
マレーシア中銀が政策金利を据え置き、経済堅調を受けて

マレーシア中央銀行は5日に開催した金融政策委員会で、政策金利となる翌日物政策金利(OPR)を現行の3.00%に据え置くことを決めた。据え置きは3会合連続。 中銀は声明で、「2019年第3四半期(7~9月)のマレーシア経済は、緩やかな拡大を続けている」と指...[記事全文]

2019.11.01
マレーシア財務省、不動産市場向けビッグデータシステムを年内にも稼働へ

マレーシア財務省傘下の資産評価・不動産サービス局(JPPH)のモハマド・カイルディン・アブドゥル・ハリム局長は10月30日、現在開発を進めている不動産市場向けのビッグデータシステムについて、年末までに運用を開始できるとの見通しを示した。 同局長によると、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月06日