海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.06
ベトナム不動産開発MIKグループ、ハノイで複合開発を計画

ベトナムの不動産開発会社MIKグループはこのほど、ハノイ市ナムトゥリエム区で推進する複合開発プロジェクト「The Matrix One(マトリックス・ワン)」を正式に発表した。開発地は、2020年にハノイで初開催される自動車レース「F1ベトナムGP」のコース沿いに位置するという。

同プロジェクトでは、40ヘクタールの敷地に、商業施設、オフィス、ホテル、賃貸用アパートで構成される複合ビル「HH1」や、44階建てアパート「HH2」、5階建てのショップハウス、幼稚園、インターナショナルスクール、公園などを開発。

 44階建てアパート「HH2」のイメージ
44階建てアパート「HH2」のイメージ
(出所:MIK Group

敷地内に整備される公園は、遊歩道やジョギングコース、ローラースケートリンク、広場、遊園地、フィットネスセンターなどのために設計された14ヘクタールに及ぶ広大なもので、地下駐車場も備えた都心で最も近代的な公園になると期待されている。

MIKグループはマトリックス・ワンを、富裕層や投資家、ビジネスマン、外国人などを対象としたハイエンドプロジェクトと位置付けており、最先端の技術ソリューションと、スマートビルディングやスマートホームテクノロジーを適用した運用管理によって、住民に付加価値の高い住環境を提供することを目指すとしている。

ハノイの複合開発「マトリックス・ワン」公園イメージ
「マトリックス・ワン」の公園のイメージ
(出所:MIK Group

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.10 NEW
ベトナムの20年GDP成長率見通しを3%に上方修正、英金融大手HSBC

英金融大手HSBCはこのほど、2020年におけるベトナムのGDP成長率見通しを、従来のプラス1.6%から同3%に上方修正した。一方、今年の経済の落ち込みが当初の想定よりも小さくなると見込む分、2021年のGDP成長率見通しについては、従来のプラス9.1%から同8.5%に引...[記事全文]

2020.07.08 NEW
イオンがハノイにベトナム7号店を出店へ、海外初のオフィス複合型商業施設

イオンモールは7日、ベトナムの首都ハノイ市に同国7号店となる「イオンモール・ホアンマイ」を出店することを発表した。ホアンマイ店は、同社にとって海外初の「オフィス複合型商業施設」となる予定で、2022年下半期(7~12月)の開業を目指す。 建設予定地であるホア...[記事全文]

2020.07.08 NEW
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月06日