海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.24
越不動産開発キャピタルハウス、中南部クイニョンに複合ビル開発へ

ベトナムの不動産開発会社Capital House(キャピタルハウス)は21日、中南部ビンディン省クイニョン市で、複合ビル開発プロジェクト「EcoLife Riverside(エコライフ・リバーサイド)」を進めることを発表した。完成は2021年第2四半期(4~6月)を予定している。

エコライフ・リバーサイドは、ディエンビエンフー通り沿いの7,333㎡の敷地に開発される28階建ての複合ビルで、アパートメント(全694戸)やスーパーマーケット、学校、薬局、スポーツジム、レストラン、カフェ、プレイエリア、駐車場などによって構成される。

その他、エコライフ・リバーサイドのビル管理には、顔認識カメラシステムやインテリジェント駐車システムなど、最先端のスマートテクノロジーの導入が予定されている。

クイニョンの複合ビル「エコライフ・リバーサイド」の開発イメージ
「エコライフ・リバーサイド」の開発イメージ
(出所:Capital House

また、クイニョンの空の玄関口となるフーカット空港と市中心部を結ぶ国道19号線へのアクセスも良好で、半径3km圏内には学校や市場、郵便局、銀行、診療所、薬局、飲食店など、様々な施設も集まっているため、生活利便性に優れたロケーションとなっている。

なお、本プロジェクトは世界銀行傘下の国際金融公社(IFC)が、効率改善のための優れた設計に対して交付している「EDGE認証」を、クイニョン市内のプロジェクトとして初めて取得。環境に優しい建材の活用や設計の工夫により、住民の水道光熱費を27~36%節約できるとしているなど、環境性能に優れたプロジェクトとなっている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
「デュシタニ・バンコク」跡地の高級コンド、発売前の内約率が20%超に

タイのホテル大手デュシタニはこのほど、バンコク・シーロム地区のホテル「デュシタニ・バンコク」の跡地で開発を進めている複合施設「デュシット・セントラル・パーク」に併設する高級コンドミニアムについて、発売前の内約率が20%以上に達していることを明らかにした。 開...[記事全文]

2020.08.07 NEW
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月24日