海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.14
プトラジャヤのモノレール計画が16年ぶりに再開、25年までに開通へ

マレーシアのカリド・アブドルサマド連邦直轄区相は9日、主要官庁が集まる行政都市プトラジャヤのモノレール敷設プロジェクトを、16年ぶりに再開すると発表した。

同プロジェクトは、2004年6月に予算の問題でなどから凍結されていたが、プトラジャヤが設立25周年を迎えた今年、同市の発展を妨げる未完事業のひとつであるモノレール敷設計画を再開する運びとなった。

4億リンギ(約107億円)を投じて、プトラジャヤ市内を運行する1号線(13.2km・18駅)と2号線(6.8km・7駅)を整備する予定だった当初の計画は活かしつつ、サイバージャヤやカジャン、バンギなど、近隣エリアにも路線を拡張することで利用者の拡大に繋げる方針で、2025年までに開通を目指す。正式なモノレールのルートについては、今後運輸省がマスタープランを策定する。

なお、プトラジャヤの開発を主導するプトラジャヤ・コーポレーションによると、現在の同市の人口は約9万人で、その多くは市内にある行政機関などに勤務する公務員とその家族となっており、従来の計画通りモノレールが市内のみの運行となった場合、予想利用者数は1日当たり12万人にとどまる見込みとなっている。

現在、プトラジャヤにはクアラルンプール国際空港(KLIA)とクアラルンプール(KL)市内を結ぶ快速電車「KLIAエクスプレス」が乗り入れているが、将来的には現在建設中の都市高速鉄道(MRT)2号線(スランゴール州スンガイブロー~プトラジャヤ)や、東海岸鉄道(ECRL)なども利用できるようになる見通しで、プトラジャヤが新たな交通ハブとなることも期待されている。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.13 NEW
19年のマレーシア世帯月収は5873リンギ、過去4年間の増加率は3.9%

マレーシア統計局によると、2019年の世帯月収は5,873リンギ(約14万7,000円)となり、前回調査(16年)からの増加率は年率3.9%だった。都市部が年率3.8%増の6,561リンギ、地方が同3.3%増の3,828リンギとなった。 州・連邦直轄区別に見...[記事全文]

2020.07.08
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

2020.07.08
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月14日