海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.14
シンガポールのオフィス賃料、24年まで年平均3.3%上昇の見通し

米系不動産サービス大手Colliers International(コリアーズ・インターナショナル)は、13日に公表したアジアの商業用不動産市場の見通しに関するレポート「Asia Market Outlook 2020」の中で、2019年~2024年にかけてシンガポールのオフィス賃料が年平均3.3%上昇するとの見通しを示した。

オフィス市場の堅調を見込む理由として、2019年~2021年にかけてCBD(中心業務地区)におけるグレードA(最上級)オフィスの新規供給が過去の平均を下回る見通しで、需給ひっ迫の状況がしばらく続くことを挙げている。なお、次にまとまった新規供給が行われるのは2022年になる見通し

その他、同レポートではフィリピンのオフィス市場についても言及。BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業やオンラインゲーミング事業者(POGO)フィリピン・オフショア・ゲーミング・オペレーター(POGO)による旺盛な需要を背景に、2020年~2022年にかけてオフィス賃料が年平均5.8%上昇する見ている。

アジアの優良オフィス市場の見通し
アジアの優良オフィス市場の見通し

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.15 NEW
20年Q2のシンガポールGDP成長率は12.6%減、初の2桁マイナス

シンガポール貿易産業相によると、2020年第2四半期(4~6月)のGDP成長率は、物価変動を除いた実質で前年同期比マイナス12.6%となった。統計を遡ることができる1976年以降、2桁のマイナス成長は初めて。 第1四半期(1~3月)の前年同期比マイナス3.3...[記事全文]

2020.07.13 NEW
比不動産開発大手アヤラのREIT上場が承認、国内初

フィリピン証券取引委員会(SEC)は10日、不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)傘下の不動産投資法人「AREIT(Aリート)」が発行体となる、国内初の不動産投資信託(REIT)の上場計画を承認したと発表した。 新型コロナウイルスの流行によって今年のフィリピ...[記事全文]

2020.07.08
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月14日