海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.10
格付け会社R&I、フィリピンを「BBB+」に格上げ

格付投資情報センター(R&I)は7日、フィリピンの外貨建て発行体格付けを「BBB」から「BBB+」に引き上げたことを発表した。また、格付けの方向性(見通し)については、引き続き「安定的」としている。

R&Iは格上げの理由について、ドゥテルテ政権の積極的な公共投資を軸に、経済が着実に成長を続けている中、財政赤字は拡大するものの、財政規律に対する意識は高く、債務比率は低下基調を保っていると指摘。また、国民所得の向上や、税制の近代化を目指す改革、ミンダナオ地方の治安改善なども評価した。

なお、フィリピン政府は、2022年までに信用格付けを「A」に引き上げることを目標に掲げている。

主要格付け機関によるフィリピンの信用格付け(2020年2月時点)
機関名 機関本拠地 格付け 格付け見通し
スタンダード&プアーズ 米国 BBB Stable
ムーディーズ 米国 Baa2 Stable
フィッチ・レーティングス 英国、米国 BBB- Positive
日本格付研究所 日本 BBB+ ポジティブ
格付投資情報センター 日本 BBB+ 安定的

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.16 NEW
20年7月の在外フィリピン人送金額は7.8%増、9ヵ月ぶりの高い伸び

フィリピン中央銀行によると、2020年7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比7.8%増の27億8,300万ドル(約2,930億円)となり、9ヵ月ぶりの高い伸びを示した。 新型コロナウイルス...[記事全文]

2020.09.04
20年上半期のイスカンダル投資認可額は160億リンギ、コロナ禍でも順調

マレーシアのイスカンダル開発公社(IRDA)によると、2020年上半期(1~6月)におけるジョホール州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域)への投資認可額は、160億リンギ(約4,090億円)だった。新型コロナウイルスの流行で経済情勢が大きく変化したものの、...[記事全文]

2020.08.31
カンボジア政府、21年1月からキャピタルゲイン税を導入へ

カンボジア租税総局(GDT)のコン・ビボル総局長はこのほど、国の歳入を増やすため、2021年1月からキャピタルゲイン税(資産売却益税)を導入することを明らかにした。 キャピタルゲイン税は、全ての不動産や株式、外貨など全ての資本投資に適用され、これらで生じた利...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月10日