海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.10
ドゥテルテ大統領、マカティCBDの国有地再開発を命令

フィリピンのドゥテルテ大統領がこのほど、マカティCBD(中心業務地区)のアモルソロ通り沿いにおいて、現在、低層商業物件「マイル・ロング・ビル(Mile Long Building)」が建っている2.2ヘクタールの国有地を再開発するよう命令したことがわかった。

ドゥテルテ大統領は1月29日に調印した「行政命令(AO)21」で、財務省傘下の民営化管理局(PMO)に対し、基地転換開発公社(BCDA)による対象国有地の管理や再開発を可能とする契約を結ぶよう指示。また、財務省、予算管理局、財務局、民営化管理局、基地転換開発公社の代表者で構成される、技術作業部会(ワーキンググループ)を設置し、再開発および民営化計画を作成するように指示したという。

マイルロング・ビルが位置する「レガスピ・ビレッジ」は、「グリーンベルト」などの大型商業施設へのアクセス性が良いことから、外国人駐在員にも人気の高いエリアとして知られ、南側には日本食街「Little Tokyo(リトル東京)」もある。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.17 NEW
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65%を超えたことを明らかにした。 ...[記事全文]

2020.09.16 NEW
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.16 NEW
20年7月の在外フィリピン人送金額は7.8%増、9ヵ月ぶりの高い伸び

フィリピン中央銀行によると、2020年7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比7.8%増の27億8,300万ドル(約2,930億円)となり、9ヵ月ぶりの高い伸びを示した。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月10日