海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.03.10
「ファウンダーズ・メモリアル」設計コンペ、隈研吾氏が勝利

シンガポール国家遺産庁(NHB)は9日、中心部マリーナベイ沿いのベイ・イースト・ガーデンで建設を予定している「ファウンダーズ・メモリアル」の建築デザインコンペティションで、日本を代表する建築家の隈研吾氏が率いるチームが勝利したことを明らかにした。

隈研吾建築都市設計事務所は、シンガポールのK2LDアーキテクツと組んでコンペに参加。世界中から集まった193件の応募者から昨年5月に最終候補者として5組が選出されていた中、隈氏らのプランは7人の審査員の満場一致で勝者に決まった。

ファウンダーズ・メモリアルは、初代首相の故リー・クアンユー氏など、第2次世界大戦後の建国者らの功績を記念して作られる施設で、5ヘクタールの敷地に記念館や公園を整備。2022年に着工し、完成は2027年となる見通し。また、最寄り駅は、今年から段階的に開業するMRTトムソン・イーストコースト線(TEL)のファウンダーズ・メモリアル駅となる。

シンガポールの「ファウンダーズ・メモリアル」開発イメージ
「ファウンダーズ・メモリアル」開発イメージ
(出所:隈研吾建築都市設計事務所

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年03月10日