海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.05.20
20年Q1のタイGDP成長率は1.8%減、コロナや干ばつで6年ぶりマイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は、前年同期比1.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつが経済を下押し、反政府デモなどで政情不安となった14年第1四半期以来のマイナス成長を記録した。

詳細を見ると、干ばつの影響を受けた農業が5.7%減、非農業が1.4%減となった。さらに非農業のうち、工業が1.9%減、サービス業が1.1%減だった。サービス業では、新型コロナウイルスの影響で1~3月の外国人旅行者数が前年同期比38%減の669万人となったことから、宿泊・飲食サービスが24.1%減と落ち込んだほか、建設が9.9%減、輸送・倉庫が6.0%減となるなど、幅広い分野で減速した。

ただ、財貨輸出は2.0%増と、前期の5.1%減から改善。コロナ禍でのリモートワークの導入などを受け、コンピューターやエアコンなどの輸出が伸びた。その他、民間最終消費支出は3.0%増と、前期から4.1%増から鈍化。総固定資本形成も民間・公共部門ともに投資が減退し、6.5%減と低調だった。

なお、NESDCは新型コロナウイルスの影響がより強く表れることから、第2四半期(4~6月)期のGDP成長率はさらに落ち込むと予想。そのため、通年のGDP成長率見通しを、2月時点の1.5~2.5%増から5.0~6.0%減に下方修正した。

タイのGDP成長率(2017年Q1~2020年Q1)

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.10 NEW
ベトナムの20年GDP成長率見通しを3%に上方修正、英金融大手HSBC

英金融大手HSBCはこのほど、2020年におけるベトナムのGDP成長率見通しを、従来のプラス1.6%から同3%に上方修正した。一方、今年の経済の落ち込みが当初の想定よりも小さくなると見込む分、2021年のGDP成長率見通しについては、従来のプラス9.1%から同8.5%に引...[記事全文]

2020.07.08 NEW
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

2020.07.07 NEW
ベトナムの20年GDP成長率予測を3%に上方修正、格付大手フィッチ

米格付け大手フィッチ・レーティングス傘下のフィッチ・ソリューションズはこのほど、2020年のベトナムのGDP成長率予測を従来の2.8%から3%に上方修正した。 フィッチは、ベトナムが新型コロナウイルスの抑制に成功していることから、下半期(7~12月)は工業・...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年05月20日