海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.05.20
20年4月の米住宅着工件数は30.2%減、コロナの影響で過去最大の下落

米商務省が19日に発表した2020年4月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比30.2%減の89万1,000戸と、2015年2月以来の低水準となった。減少率は1959年の統計開始以来、最大の落ち込みを記録している。

新型コロナの感染拡大を受けて3月中旬からロックダウン(都市封鎖)措置が導入されたほか、サプライチェーンの混乱によって建築資材の調達に支障が出たこともあり、建設活動が急速に鈍化した。

詳細を見ると、一戸建て住宅が25.4%減の65万戸、集合住宅は40.3%減の23万4,000戸となった。また、地域別では北東部が43.6%減の23万4,000戸、西部が43.4%減の14万3,000戸、中西部が14.9%減の13万1,000戸、南部が26%減の53万2,000戸となり、全地域で減少した。

米住宅着工件数(2015年1月~2020年4月)

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.05.06 NEW
米劇場街ブロードウェイ、9月に全面再開へ

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5日、劇場街ブロードウェイを9月14日から全面的に再開することを発表した。ミュージカルの聖地として知られるブロードウェイは、新型コロナウイルスの本格的な流行が始まった昨年3月以降、感染防止のために劇場が閉鎖されていた。 ...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年05月20日