海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.05.14
20年Q1のマレーシアGDP成長率、新型コロナの影響でプラス0.7%に減速

マレーシア中央銀行によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比プラス0.7%となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月18日から活動制限令を発令した影響もあり、前期のプラス3.6%から減速した。

第1四半期のGDPを詳細に見ると、民間消費は前年同期比6.7%と、前期の8.1%からは減速したものの堅調を維持。一方、公共投資はマイナス11.3%と、前期のマイナス8.0%から一段と落ち込んだ。また、産業別ではGDPへの寄与度が高いサービス業と製造業がそれぞれ3.1%、1.5%とプラス成長を維持した一方、鉱業、農業、建設業はマイナス成長となった。

中銀は声明で、「最初の2ヵ月は堅調に成長したが、3月18日以降は急ブレーキがかかった」と指摘。活動制限が本格化した第2四半期(4~6月)は、世界的な景気減速やコモディティ価格の下落も重なり、「より深刻な打撃を受ける」との見通しを示した。

不確実性が高いことから通年の見通しは提示しなかったが、好調なヘルスケア産業や、リモートワーク拡大の恩恵を受ける電子機器産業が経済回復のけん引役になると説明。また、輸出産業や観光業についても、年後半から再雇用が進むと見て期待を寄せた。

マレーシアのGDP成長率・四半期ベース(2017年Q1~2020年Q1)

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.10 NEW
ベトナムの20年GDP成長率見通しを3%に上方修正、英金融大手HSBC

英金融大手HSBCはこのほど、2020年におけるベトナムのGDP成長率見通しを、従来のプラス1.6%から同3%に上方修正した。一方、今年の経済の落ち込みが当初の想定よりも小さくなると見込む分、2021年のGDP成長率見通しについては、従来のプラス9.1%から同8.5%に引...[記事全文]

2020.07.08 NEW
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

2020.07.08 NEW
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年05月14日