海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.05.22
東京建物、シンガポールのオフィスビル「79ロビンソンロード」を竣工

東京建物は20日、シンガポール中心部の金融街タンジョン・パガーで開発を進めていた高級オフィスビル「79 Robinson Road(79ロビンソンロード)」が、竣工したことを発表した。本物件はシンガポールの大手不動産開発会社キャピタランドおよび三井物産と共同で開発を進めたもので、東京建物にとって東南アジア初のオフィスビル開発となっている。

79ロビンソンロードは、約10億Sドル(約760億円)を投じ、タンジョン・パガーにあった旧CPFビルを再開発したもので、土地面積は4,371㎡、建物延床面積は約57,000㎡となっている。ビル内にはオフィススペースや商業スペースが設けられるほか、キャピタランドが運営するコワーキングスペース「ブリッジ+」も開業予定となっている。

また、交通利便性にも恵まれており、2022年までにはMRTイーストウエスト線の「タンジョン・パガー駅」と直結予定。加えて、2021年にはMRT新路線トムソン・イーストコースト線の「シェントンウェイ駅」が、物件至近に誕生予定となっている。

すでに総賃貸面積の70%以上は入居申込みを受けており、独保険大手アリアンツや米データセンター大手エクイニクス、スイスのEFG銀行、スコットランドの酒造大手ウィリアム・グラント&サンズなど、様々な国の企業が入居予定だという。

シンガポールのオフィスビル「79ロビンソンロード」の外観
「79ロビンソンロード」の外観
(出所:CapitaLand

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.06.02 NEW
マレーシアとシンガポール、高速鉄道計画の凍結期間を20年末まで延長へ

マレーシアのアズミン・アリ貿易産業相は先月31日、首都クアラルンプールとシンガポールとの間を結ぶ高速鉄道計画の凍結期間を、従来の5月末から12月末まで延長することで合意したと発表した。 同計画を巡っては、2018年の政権交代で首相に就いたマハティール氏が、費...[記事全文]

2020.05.29
長谷工コーポ、オアフ島西部の再開発エリアで新たな用地を取得

日本の準大手ゼネコン、長谷工コーポレーションの現地法人Haseko Hawaii Inc.はこのほど、オアフ島西部のエバ地区にある14.79エーカー(約59,850㎡)の土地を取得した。取得価格は非公開となっている。 場所はミウラストリートとレ...[記事全文]

2020.05.27
越不動産開発サングループ、クアンニン省に日本式温泉リゾートを開業

ベトナムの不動産開発会社サン・グループは23日、北部クアンニン省カムファー市に日本式温泉リゾート「陽光温泉(YOKO Onsen)」の第1期開発部分を正式に開業した。 同リゾートは世界遺産ハロン湾から約10km、カムファー市中心部から約15kmの場所に位置。...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年05月22日