海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.07.03
バンコク近郊の高級ホテル稼働率が急回復、週末は100%も目立つ

タイの経済新聞プラチャーチャート・トゥラキットによると、新型コロナウイルスの感染防止のために実施していた活動制限が緩和される中、バンコク近郊の4~5つ星ホテルの稼働率が大幅に回復しているという。

7月2日時点でタイでは、新型コロナウイルスの市中感染は38日連続でゼロとなっており、政府による国内観光の推進政策なども打ち出されている。

予約が堅調なのが南部ホアヒン、チャアム、東部パタヤ、東北部カオヤイ、西部ラチャブリ、カンチャナブリといったバンコクから車でアクセスしやすい半径300km圏内のエリア。中でもホアヒンの人気が高く、「シェラトン・ホアヒン・リゾート&スパ」「シェラトン・ホアヒン・プランブリ・ヴィラズ」「インターコンチネンタル・ホアヒン・リゾート」などの6月の稼働率は、平日が50~60%、週末は100%となっている。

その他、「デュシタニ・ホアヒン」「デュシタニ・パタヤ」なども週末の稼働率は100%、「アナンタラ・ホアヒン・リゾート」も同90%と好調だという。なお、ホテル業界のリサーチを行うSTRによると、3月におけるタイのホテル稼働率は29.1%にとどまっていた。

一方、南部プーケット、クラビ、サムイ、北部チェンマイなど、人気観光地の中でも外国人観光客への依存度が高く、バンコクからのアクセスに飛行機が必要となるエリアの回復はまだ鈍いとしている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.17 NEW
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65%を超えたことを明らかにした。 ...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.14
住友林業、バンコク北郊で一戸建てプロジェクトを分譲開始へ

日本の大手ハウスメーカーである住友林業は今月19日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁で、バンコク北郊パトゥムタニ県にて進めている一戸建て住宅分譲プロジェクト「レイクフォレスト」の第1フェーズの分譲を開始する。レイクフォレストは、住友林業にとってタ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年07月03日