海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.07.15
20年Q2のシンガポールGDP成長率は12.6%減、初の2桁マイナス

シンガポール貿易産業相によると、2020年第2四半期(4~6月)のGDP成長率は、物価変動を除いた実質で前年同期比マイナス12.6%となった。統計を遡ることができる1976年以降、2桁のマイナス成長は初めて。

第1四半期(1~3月)の前年同期比マイナス3.3%に続き、2四半期連続でのマイナス成長となったことから、定義上では約11年ぶりとなるリセッション(景気後退)に陥ったことになる。

産業別に見ると、建設業がマイナス54.7%と最大の下落幅を記録し、前期(マイナス1.1%)からも大きくマイナスが拡大。新型コロナウイルスの流行に伴う活動制限令によって建設工事が一時中断したほか、建設作業に従事している人が多い外国人単純労働者が居住するドミトリー施設で、感染クラスターが発生したことも影響した。

また、サービス業もマイナス13.6%と、前期のマイナス2.4%から下げ幅が拡大。世界的な出入国制限でホテル、航空など旅行関連が落ち込んだほか、多くの小売店が4月上旬から6月中旬まで営業を禁止されていたことも響いた。

その他、製造業はプラス2.5%とプラス成長を確保したものの、外需の落ち込みや感染症対策の影響で前期のプラス8.2%からは伸びが大きく鈍化した。

ただ、定義上ではリセッション入りとなったシンガポール経済ではあるものの、6月に入り活動制限令の段階的な解除が進んでいることから、エコノミストの間では第2四半期が底となり、第3四半期(7~9月)以降は緩やかな回復に向かうとの見方が強まっている。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.04.30
ベトナムの21年GDP成長率予想を6.7%増に上方修正、アジア開発銀行

アジア開発銀行(ADB)は28日、2021年通年のベトナムのGDP成長率見通しを、6.7%増に上方修正(従来予想は6.3%増)した。公共投資の拡大に加え、海外直接投資(FDI)や輸出の増加が力強い成長に寄与すると見ている。 詳細を見ると、ADBは2021...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年07月15日