海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.08.24
20年7月の米中古住宅販売は24.7%増、過去最大の伸び

全米不動産協会(NAR)によると、2020年7月の中古住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比24.7%増の586万戸となった。歴史的な低金利環境を追い風に、2ヶ月連続の大幅な増加(6月は同20.2%増)となり、伸び率は過去最高を記録している。

詳細を見ると、北東部が前月比30.6%増の64万戸、西部が同30.5%増の124万戸、中西部が同27.5%増の139万戸、南部が同19.4%増の259万戸と、全4地域で大幅に増加した。

また、中古住宅の在庫は前年同月比21.1%減の150万戸となり、7月としては過去最少を記録。需給がひっ迫する中、販売価格(中央値)は前年同月比8.5%上昇の30万4,100ドル(約3,210万円)となり、初めて30万ドルを上回った。

さらに、7月の販売実績に基づく在庫の消化期間は3.1ヶ月と、2006年12月以降で最も短い期間となった。なお、健全な需給バランスを保つには、6~7ヶ月が適切とされている。その他、物件が市場に出回ってから販売されるまでにかかった日数は22日と、前月の24日から短縮し、過去最短となった。

NARのチーフエコノミストであるローレンス・ユン氏は、「米住宅市場は回復期を過ぎ、いまや活況期にある」と指摘。リモートワークが定着する中、既存の住宅所有者はより大型の物件を探し求めており、住宅需要は2021年も継続するとの見方も示した。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.05.06 NEW
米劇場街ブロードウェイ、9月に全面再開へ

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5日、劇場街ブロードウェイを9月14日から全面的に再開することを発表した。ミュージカルの聖地として知られるブロードウェイは、新型コロナウイルスの本格的な流行が始まった昨年3月以降、感染防止のために劇場が閉鎖されていた。 ...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年08月24日