海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.08.28
大手ゼネコン鹿島、シンガポール東部に海外初の自社ビル建設へ

大手ゼネコンの鹿島は27日、シンガポールに拠点を置くアジア開発事業統括会社カジマ・デベロップメント(KD)が、同国東部でオフィスと研究施設を兼ね備えた自社ビル「カジマ・グローバル・ハブ(KGH、仮称)」の建設に着手したことを発表した。同社にとって海外初の自社ビル建設で、投資額は1億Sドル(約78億円)を見込んでいる。

KGHの建設は、アジア最大のハブ空港であるチャンギ国際空港から車で5分の場所にあるチャンギ・ビジネスパーク内で実施。ビルは地上6階、地下1階、延べ床面積1万3,088㎡となり、完成は2023年を予定している。

KGH内には、鹿島技術研究所のシンガポールオフィス「KaTRIS」が研究施設を開設し、外部企業や政府機関、大学などとオープンイノベーションを推進する。また、これまでシンガポール国内に点在していたグループ会社をKGHに集約。建設・開発部門と技術開発部門のシナジー効果を発揮し、新たなビジネスを育成する場にもしたい考えだという。

シンガポールに建設する鹿島の自社ビル「カジマ・グローバル・ハブ」
「カジマ・グローバル・ハブ」の開発イメージ”
(出所:鹿島

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.21 NEW
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いスペースを求めて郊外などに住居を移す人が増...[記事全文]

2020.10.20 NEW
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。 2019年4...[記事全文]

2020.10.19 NEW
タイ不動産大手サンシリ、20年1~9月のコンド引き渡し額は3.1倍に

タイの不動産開発大手サンシリによると、2020年1~9月における住宅引き渡し額は前年同期比2.2倍の347億バーツ(約1,172億円)となり、通年目標(420億バーツ)の83%に達した。引き渡し額の詳細を見ると、低層住宅が前年同期比59%増の145億バーツ、コンドミニアム...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年08月28日