海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。

FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内外から観光客を受け入れ、全長75kmの海岸線を持つ同省の観光開発を進めることは、新たな投資の誘致に繋がるとしている。

今年7月にベトナム運輸省民間航空局(CAAV)が運輸省に提出した2030年までのクアンチ空港建設案によると、同空港は官民連携(PPP)方式による建設を予定しており、総事業費は8兆140億ドン(約376億円)となる。

開発予定地は、省都ドンハー市から北に7kmほど行ったゾークアン村とゾーマイ村にまたがる594ヘクタールの敷地。エアバスA320・321型機クラスを受け入れ可能な長さ2,400m×幅45mの滑走路1本、同型機クラスの航空機を5機以上収容できる駐機場、年間取扱旅客数が100万人の2階建て旅客ターミナルを建設し、国際民間航空機関(ICAO)が定める基準コード「4C」を満たすとともに、第2級軍用空港にもなる軍民共用空港として整備する計画となっている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.07.29 NEW
比不動産大手ビスタランド、コロナ禍でも今年の住宅販売を楽観視

フィリピンの不動産開発大手ビスタ・ランド&ライフスケープス(VLL)は27日、新型コロナウイルスの流行が依然として続いているものの、今年の住宅販売は堅調に推移するとの楽観的な見通しを示した。 マヌエル・ビリヤル会長は、「在外フィリピン人出稼ぎ労働者(OF...[記事全文]

2021.07.27 NEW
21年6月の米新築住宅販売は6.6%減、14ヵ月ぶり低水準

米商務省によると、2021年6月の米新築住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比6.6%減少し、67万6,000戸と14ヵ月ぶりの低水準を記録した。地域別では中西部が5.7%増加した一方、北東部が27.9%減、南部が7.8%減、西部が5.1%減だった。 ...[記事全文]

2021.07.21
米ホテル大手マリオット、マレーシアで年内に3つのホテルを開業へ

米ホテル大手マリオット・インターナショナルはこのほど、2021年第4四半期(10~12月)にマレーシアで新たに3つのホテルを開業することを明らかにした。 首都クアラルンプール、ジョホール州デサル、ペナン州ローンパインの3地域で、中価格ブランドである「フェアフ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年09月16日