海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.15
20年Q3のシンガポールGDP成長率は7%減も、前期からは急回復

シンガポール貿易産業相が14日に発表した2020年第3四半期(7~9月)のGDP成長率(推定値)は、物価変動を除いた実質で前年同期比7.0%減となった。3四半期連続でのマイナス成長となったものの、前期比では7.9%増となっており、新型コロナウイルスの影響が色濃く出た4~6月(前年同期比13.3%減)からは急回復している。

詳細を見ると、建設業は現場での感染防止策の導入が負担となり、建設工事の再開が遅れた中、前年同期比44.7%減と最も大きな落ち込みとなった。ただ、6月から経済・社会活動制限が緩和されたこともあり、前期比では38.7%増と大きく改善している。

また、GDPの約7割を占めるサービス業も、前年同期比8.0%減と低迷(前期比では5.6増)。各国の出入国制限の影響で観光客が途絶え、航空やホテル業界が引き続き落ち込んでいるほか、小売店や飲食店もセーフディスタンシング(安全な距離の確保)措置によって、通常通りの営業が難しいことが重しとなっている。一方、世界的な半導体需要の回復を背景に、製造業は前年同期比2.0%増となり、前期の0.8%減からプラスに転じている。

なお、政府は2020年通年のGDP成長率について、7.0%減~5.0%減と予測している。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.16
20年9月のシンガポール民間住宅販売は5%増、活動制限の反動で堅調

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2020年9月の新築民間住宅販売数は前年同月比5%増の1,329戸となった。4月7日~6月1日まで経済・社会活動制限措置「サーキットブレ―カー」が実施された影響で、4・5月は住宅販売が大きく落ち込んだものの、解除後は急速に回復し...[記事全文]

2020.09.30
20年Q3のベトナムGDP成長率、2.62%増に加速

ベトナム統計総局(GSO)によると、2020年第3四半期(7~9月)のGDP成長率は、前年同期比2.62%増となった。第3四半期としては2011年以降で最も低い成長率となったが、政府の迅速な対応によって新型コロナウイルスの封じ込めに成功し、いち早く経済活動を再開したことで...[記事全文]

2020.09.29
米S&P、20年のベトナムGDP成長率を1.9%増と予測

米大手格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)はこのほど公表したレポートの中で、2020年通年のベトナムのGDP成長率がプラス1.9%となり、東南アジアで唯一、プラス成長を維持するとの予想を示した。また、2021年のGDP成長率についても、11.2%増と大幅な回復を予想...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月15日