海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.16
20年9月のシンガポール民間住宅販売は5%増、活動制限の反動で堅調

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2020年9月の新築民間住宅販売数は前年同月比5%増の1,329戸となった。4月7日~6月1日まで経済・社会活動制限措置「サーキットブレ―カー」が実施された影響で、4・5月は住宅販売が大きく落ち込んだものの、解除後は急速に回復しており、3ヶ月連続で1,000戸の大台を上回った。

なお、9月の販売戸数は、シンガポール政府が不動産投機抑制策として、購入者に対する追加印紙税の引き上げを行った2018年7月以来、2年2ヶ月ぶりの高水準となっている。

成約数が最も多かったのは、ブーンケン地区のシムズドライブ沿いに開発するコンドミニアム「Penrose(ペンローズ)」。9月に分譲を開始した全566戸のうち、7割弱に当たる389戸が成約し、販売単価の中央値は1平方フィート(約0.093㎡)当たり1,541Sドル(約11万9,270円)だった。

その他、ビシャン地区のメアリーマウント通り沿いで開発中のコンドミニアム「JadeScape(ジェイドスケープ)」や、MRTノースイースト線ウッドリー駅の目の前に誕生する「The Woodleigh Residences(ウッドリー・レジデンス)」なども販売が好調だった。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.21 NEW
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いスペースを求めて郊外などに住居を移す人が増...[記事全文]

2020.10.20 NEW
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。 2019年4...[記事全文]

2020.10.19 NEW
タイ不動産大手サンシリ、20年1~9月のコンド引き渡し額は3.1倍に

タイの不動産開発大手サンシリによると、2020年1~9月における住宅引き渡し額は前年同期比2.2倍の347億バーツ(約1,172億円)となり、通年目標(420億バーツ)の83%に達した。引き渡し額の詳細を見ると、低層住宅が前年同期比59%増の145億バーツ、コンドミニアム...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月16日