海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.15
タイ政府、不動産投資を条件に外国人に長期ビザの発給を計画

タイ国政府観光庁(TAT)はこのほど、外国人富裕層向けに提供している優遇プログラム「タイランド・エリート」に入会し、エリートカードを保有している人を対象に、投資を条件として長期ビザや労働許可の発給を行うことを計画していると発表した。今後、経済状況管理センター(CESA)の承認を受けた後、内閣に計画案が提出されるという。

計画しているのは、「Flex One(フレックス・ワン)」と「Flex Plus(フレックス・プラス)」の2制度。フレックス・ワンは、1,000万バーツ(約3,380万円)以上の不動産を購入した外国人に、5~20年有効の長期ビザを発給するというもの。

エリートカードは不動産開発会社から購入することが可能。購入したエリートカード(入会金)に応じてビザの有効期限に差があり、50万バーツの場合は5年のビザ、200万バーツの場合は20年のビザになるという。

一方、フレックス・プラスでは入会金100万バーツ以上のエリートカード保有者のうち、タイ国内に100万ドル(約1億520万円)以上を投資した人に対し、労働許可を与えるというもの。ただ、100万ドルの投資はビザの承認後、最初の1年間のうちに実行する必要がある。

TATは、この計画によってエリートカードを1,000枚販売できれば、外国人から約200億バーツ(約676億円)の投資が見込めるとしている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.21 NEW
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いスペースを求めて郊外などに住居を移す人が増...[記事全文]

2020.10.20 NEW
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。 2019年4...[記事全文]

2020.10.19 NEW
タイ不動産大手サンシリ、20年1~9月のコンド引き渡し額は3.1倍に

タイの不動産開発大手サンシリによると、2020年1~9月における住宅引き渡し額は前年同期比2.2倍の347億バーツ(約1,172億円)となり、通年目標(420億バーツ)の83%に達した。引き渡し額の詳細を見ると、低層住宅が前年同期比59%増の145億バーツ、コンドミニアム...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月15日