海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.09
20年9月のオアフ島一戸建て住宅価格は13%増、過去最高を記録

ホノルル不動産協会(HBR)がこのほど公表した最新の市況レポートによると、2020年9月におけるオアフ島の一戸建て住宅販売件数は、前年同月比12.7%増の391件となった。また、一戸建て住宅の販売価格(中央値)は、同13.3%増の88万ドル(約9,328万円)となり、過去最高だった前月(83万9,000ドル)を上回った。

一方、コンドミニアムの販売件数は、前年同月比2.1%減の456件、販売価格(中央値)は横ばいの44万5,000ドル(約4,717万円)だった。

HBRのトリシア・ネコタ会長は、一戸建て住宅の需要が急増している要因として、「新型コロナウイルスの流行によって在宅勤務をする人が増えたことで、より広い居住空間の住宅に移り住むことを希望する人が増えている」と指摘。居住空間2,000平方フィート(約186㎡)以上の住宅の販売額が、前年同月比で38%増加しているという。

また、販売価格70万ドル未満の住宅の販売額が36%減となる一方、70万ドル~149万ドルの住宅は39%増、150万ドル超の住宅は43%増となっており、このことからも大型で価格の高い物件の販売が好調であることが示されている。

さらに、ネコタ氏によると歴史的な住宅ローンの低金利や在庫不足などを背景に、一戸建て・コンドミニアムを問わず、当初の提示価格を上回る価格で取引が成立するケースが増えているといい、その数は一戸建て住宅が前年同月比で倍増の163件、コンドミニアムが同32%増の82件に上っている。

2020年9月のオアフ島住宅販売レポート
2020年9月のオアフ島住宅販売レポート
(出所:Honolulu Board of Realtor

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.21 NEW
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いスペースを求めて郊外などに住居を移す人が増...[記事全文]

2020.10.20 NEW
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。 2019年4...[記事全文]

2020.10.19 NEW
タイ不動産大手サンシリ、20年1~9月のコンド引き渡し額は3.1倍に

タイの不動産開発大手サンシリによると、2020年1~9月における住宅引き渡し額は前年同期比2.2倍の347億バーツ(約1,172億円)となり、通年目標(420億バーツ)の83%に達した。引き渡し額の詳細を見ると、低層住宅が前年同期比59%増の145億バーツ、コンドミニアム...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月09日